帰化許可申請に必要な顔写真の注意点

  • 2017.01.13 Friday
  • 16:44

東京帰化相談室の河村です。

在留資格に係る各手続きと同様、帰化許可申請の際には、申請人の顔写真を申請書に貼り付ける必要があります。そしてその顔写真については、在留資格に係る各手続きと同様、無帽、鮮明なもの等のきまりがありますが、全く同じきまりであるわけではないので注意が必要です。

 

 在留資格に係る各手続きでは申請前3か月以内に撮影した縦4cm×横3cmの写真を準備する必要がありますが、帰化許可申請では、申請前6か月以内に撮影した縦5cm×横5cmのものを準備しなければいけません。また、必要な枚数について、在留資格に係る各手続きでは1葉で十分ですが、帰化許可申請では2葉準備する必要があります。

 

 なお、帰化許可申請において申請人が15歳未満のときは、父母等の法定代理人と一緒に撮影した写真を準備しなければならない点にも注意が必要であると考えます。

 

 

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM