帰化許可申請における審査の様相

  • 2017.02.06 Monday
  • 18:55

JUGEMテーマ:行政

 

東京帰化相談室の河村です。

帰化許可申請が受け付けられ、審査が進んでいくと、一般的には面接が行われます。書面のみで是非を問うのではなく、その書面上での疑問点を解消したり、口頭で詳細な状況を確認したりするためにも、申請人と担当官が面と向かって話す機会が設けられるということです。

また、面接のみならず、家庭訪問や職場への調査が行われる場合もあります。家庭訪問については、申請人の家庭に訪問するのみならず、素行や実態等を把握するために近隣住民への聞きこみを行うこともあります。

ただ、家庭訪問や近隣住民への聞きこみを必ず行うというわけではないのでご注意下さい。

 

 

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM