帰化許可申請の申請先(提出先)

  • 2017.02.24 Friday
  • 19:21

JUGEMテーマ:行政

東京帰化相談室の河村です。

 

帰化についてご相談されるお客様の中には、どこの法務局が審査しやすいかということをご質問される方がいらっしゃいます。

確かに審査官という一個人が審査を進めていく以上、各法務局において審査方法・手段等が多少なりとも違うという現実はあると思います。ただ、まず大前提として帰化を許可するのは法務局の審査官ではなく、法務大臣であるということです。各地方法務局でどのように審査されるにせよ、帰化の許可は、最終的に法務大臣の裁量によります。

また、帰化許可申請の申請先(提出先)は、申請しようとする者の住所地を管轄する法務局又は地方法務局と決まっています。そのため、提出する法務局を申請人が勝手に選べるわけではないので、どこの法務局が審査しやすいかを考えるよりも、どこに申請すれば良いのかをまず把握する必要があります。

 

 

JUGEMテーマ:行政

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM