帰化と出産

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 15:36

東京帰化相談室の河村です。

 

  親が帰化許可申請を許可される前に出産をしたか、許可後に出産をしたかでは、大きな違いがあり、後に様々な問題や手続き上の相違が生まれ、例えば「日本人の配偶者等」の在留資格ではその相違は顕著であると前回述べました。

 では、親が帰化許可前に産まれた子(日本人の子として出生したという身分を有しない者)を何らかの事情で日本に呼び寄せる場合、どの在留資格に合致する可能性があるかということが問題になると考えます。そしてこの場合、まず考えられるのは「定住者」の在留資格です。

 日本人の扶養を受けて生活する未成年で未婚の実子は「定住者」の在留資格に該当すると告示によって定められています。つまり、「日本人の配偶者等」の在留資格では日本人の子として出生したという身分が関係してきましたが、少なくとも「定住者」の在留資格に係る上記の条件においては、出生時の親の国籍は関係ないと言うことができます。もっとも、本人が成人していたり、結婚していたりする場合、当然上記の条件には該当せず、また別の可能性を考えなければいけないことは言うまでもありません。

 

JUGEMテーマ:行政

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM