帰化許可申請と在留期間更新許可申請について2

  • 2017.08.04 Friday
  • 17:21

東京帰化相談室の河村です。

前回、中には次の在留期間更新許可申請の結果が出るまで、帰化許可申請の結果は出ないということもあるのではないかと記載しましたが、やはり、それは在留期間更新許可によって、在留期間が3年や5年になることを法務局側としても望んでいると想定するからです。

実際、在留期間が1年の在留資格を有する方が帰化許可申請を行ったとき、担当官から、在留期間が1年しかないことを指摘されたこともあります。

 

確かに、在留期間が1年の方でも帰化許可申請を行うことは可能ですが、帰化許可申請においても在留期間は重要なポイントであるということには注意が必要であると言うことができます。

 

 

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM