入管法上の身元保証人について2

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 10:13

JUGEMテーマ:行政

 

東京帰化相談室の河村です。

先日、入管法上の身元保証人について、その保証内容を十分に理解することが重要であると述べました。入管法上の身元保証人については、やはりその保証内容がいまいちよくわからないというご質問を頻繁にいただくため、保証内容の理解は重要であると実感します。

ただ、入管法上の身元保証人に関する質問で上記に次いで多いのは、その保証期間についてです。なお、これは特に身元保証人になる方からご質問をいただきます。

 

 一体、いつまで保証しなければならないのか。この疑問を抱くのは、至極当然であり、保証内容について把握したからといって、その期間も正確に理解する必要があります。

期間については、身元保証書に「上記の者の本邦在留に関し〜」とあるよう、原則、その外国人が出国するまでとされています。勿論、やむを得ない事情で身元保証人を続けることができなくなった場合や、保証することが適当でなくなった場合等には、身元保証人の交替が認められることはあるようですが、簡単に交替が認められるものではないということには注意が必要です。

 

 

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM