帰化許可申請時に提出する住民票の写しについて

  • 2018.03.26 Monday
  • 15:23

JUGEMテーマ:行政

東京帰化相談室の河村です。

 

 

帰化許可申請に際しては、住民票の写しを提出する必要があり、一般的には、申請人本人、配偶者、同居者(全員)等の住民票の写しを提出するように指示されます。

また、提出する住民票の写しは、世帯全員用で省略のないもの(氏名、通称名、生年月日、性別、国籍、在留資格、在留期間の満了日、在留カード番号等々の省略のないもの)でなければいけません。

 

さらに、法務局や担当官によっては住民票の除票の写しの提出まで求められる場合があるため、一概に、住民票の写しのみを準備すれば良いというわけではない点にも留意する必要があります。

 

これまで弊社にて申請をお手伝いした案件では、例えば、さいたま地方法務局を管轄とする申請において、住民票の除票の写しの提出を指示されたことがあります。

 

 

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM