帰化許可申請時に提出する住民票の写しについて

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 19:42

JUGEMテーマ:行政

東京帰化相談室の河村です。

在留資格に係る各種申請において、住民票の写しは、原則として3ヶ月以内に発行したものを提出する必要がありますが、帰化許可申請に際して提出する住民票の写しにも発行期限があるため、注意が必要です。

 

具体的に、帰化許可申請の場合、一般的には発行後6ヶ月以内のものを提出しなければいけません。前回記載したように、省略事項等に注意を払うのは勿論のこと、発行年月日からの提出期限にも気を付けなければいけないと言えます。

 

帰化許可申請では、通常、多くの書類を準備する必要がありますが、書類を再取得しなければならない事態に陥らないように注意しなければいけないでしょう。

 

 

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/成功報酬】

※ご来社よるご相談も無料で対応しております。(JR原宿駅から徒歩3分)

→ご予約はこちらから

 

◆「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

→法人メインサイトはこちらから

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM