【重要】永住許可に関するガイドラインが改定されました

  • 2019.06.03 Monday
  • 12:22

 

以前、当ブログでもご紹介したとおり、永住許可に関するガイドラインの改定案がパブリックコメントに掲載されていましたが、5月31日付けで結果公示・公布されました。

 

今回の改定は、入管法改正により在留資格「特定技能」が新設されたことに伴い、同ガイドラインに同在留資格の取扱いを明記するとともに、同ガイドラインの内容の明確化を図ることを趣旨としていますが、公的義務の履行について、より詳細な文言が盛り込まれていることから、実質的には厳格化されたものと解されます。

 

パブコメには、15件のコメント(意見)が寄せられており、公的義務の内容については、意見を踏まえて記載が修正されました。

 

寄せられたコメントに対する法務省当局の考え方の中で特に重要と思われるのが、税金に関する見解です。

 

審査対象となる「税金」の範囲について、下記見解が示されています。

 


 

地方税として住民税,国税として,仝酸所得税及び復興特別所得税,⊃醜霆蠧誓乃擇喇興特別所得税,消費税及び地方消費税,ち蠡垣琶造咾豊ヂM神任砲弔い毒疾脳況を確認する予定です。

 


 

従前は、主に住民税の納税状況を「住民税納税・課税証明書」等で確認されてきましたが、今後は上記国税の各税目についても、何等かの証明資料の提出が求められるのでしょうか?

 

詳しい提出書類については、法務省のホームページで案内するとされています。

 

******************************************

★帰化手続きは『東京帰化相談室』にご相談ください★

【帰化専門/相談無料/返金保証】

※「東京帰化相談室」は鴻富行政書士法人(東京都行政書士会所属)が運営しております。

******************************************

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM